キャンプ道具

友達とキャンプを始める際の初期費用!安くで失敗しない道具の選び方

こーき
こーき
っこんちは!こーきです(^^) 出会いを求めて
九州を旅するキャンパーです!

夢は、皆で毎日たのしく
わっしょいわっしょい生きる事!
 →→プロフィールはこちら

キャンプって初期費用が高くて
手軽には始めれない!!っていう
イメージが強いですよね。。

実際、テレビや雑誌で紹介されている
キャンプ道具は目を見張る値段 |д゚)

でも、それは有名ブランドだからです!


ブランドにさえ拘らなければ始めるのに

5万も10万もかかりません!!
※家族キャンパーは別の話

これからキャンプを始めたい人に
コストを抑えたキャンプの始め方!
紹介していきたいと思います(^^)/

※ソロ~少人数向けの記事です(笑)

キャンプにかかる初期費用

これだけは買わないとダメ!!
っていうキャンプ道具はこの5つ。

① テント → 13000円
② チェア → 2000円
③ テーブル→ 3000円
④ ランタン→ 1000×2
⑤ 寝袋  → 4000円
⑥ マット → 
1000円
⑦ 焚き火台→ 3000円

合計額 =  28000円

ざっと計算するとこんな感じ。

ざっくりの計算なので、余裕をもって
三万円は容易してほしいです!!

できれば諭吉を三人握りしめながら
この記事を読んでいってください(笑)

・キャンプ道具は3万あれば
余裕をもって買い揃えられる

キャンプ道具の費用の抑え方

道具を選ぶ前に自分がキャンプする
シチュエーションを整理しましょう!

●行く場所・移動手段・人数

有名ブランドの高価な買い物をした後に
『もう少し安いので良かったな、、』
『違う形のテントのがよかったな、、』
ってことになりかねません。僕みたいに。

なので、今から
どーゆう製品が高いのか??
おすすめの格安ブランドは??

に焦点をあてて、僕の持っている
コスパの良いキャンプ道具を紹介して
いきたいと思います(  ̄ー ̄ )ゞ

・有名ブランドは避ける!
・自分にあった道具選びをする

『コンパクト』は高い

キャンプの始め方 移動手段は車かバイク福岡県~池の山キャンプ場

高いキャンプ道具の特徴として
コンパクトで軽量なのに丈夫
この三拍子が揃うと、バカ高い。

そりゃそうだろって話ですが(笑)

 

ここで捨てれるのはコンパクトと軽量さ

車やバイクでの移動で、バックパックに
荷物を詰める必要がない人
ここは妥協するべきだと思います。

これを捨てることでキャンプ費用を
格段に抑えることができます( ゚д゚ )

車orバイクでの移動が主なら
コンパクトさは妥協するべし!

有名ブランドはやめておけ

有名ということは、もちろん
品質もその分、良いものになります。

ただ、むっちゃ高いです。。。。

僕が紹介するコスパ重視のテントの
倍の値段はします( ゚д゚ )

『キャンプやってみようかな?』
『良いやつのほうが良いよね?』

これくらいの気持ちなら安いので良い。

まずはキャンプの味を噛みしめる
ことが大切ですので(^^♪

聞いた事ないブランドでも
全然、問題なく使えますしね!!
↑↑↑
正直、むしろコスパがいいです(笑)

キャンプを始めるのに要るもの6選

一番最初に書いた、『絶対に必要なもの』
コスパ重視のキャンプ道具
紹介していきたいと思います!

まずはいち早く揃えて、キャンプを
存分に楽しむのが先決です( ´ー`)

最初はなるべく費用を抑えて
後から『欲しくなったもの』を
買い揃えていきましょう!!

 

味をしめたら、あとはキャンプ沼に
ずっぽりハマっていくだけ。。
下記に【便利・楽しいキャンプ道具
を書いたので、見てみてください(^^♪

テント

キャンプ費用テント編写真は右側

 

 

【Coleman ツーリングドームST】
値段約13000円
収納時約φ23×54cm
サイズ約210×120×100h cm
重さ約4.4kg
created by Rinker
コールマン(Coleman)
¥12,175
(2019/08/26 11:44:09時点 Amazon調べ-詳細)

コスパが最高なテント、として
大人気な1~2人用のドーム型テント

バイカーさんやソロキャンパーさん
に特に人気なテントです(^^♪

テント内の広さは
ラグビー部の太っちょ君と
自称EXILEボディの細身の僕が
横並びに二人で寝れるくらい。

詳しくはこちらで書いています↓↓

ツーリングドームSTで九州一周!レビューしつつ悪い点をぶっちゃけますColemanのツーリングドームSTの悪い点をぶっちゃけます!コスパの良いソロテントでツーリングドームSTに敵うテントはない。口コミ評価と九州一周で使った時の感想をまとめています...

もう少し抑えたいならこれもあり。
地味にお気に入りのワンタッチテント!
撤収も設営も3分で終わります(`・ω・´)b

・価格が7000円
・そこそこの耐水性
・組み立てが1分でできる

チェア

キャンプ費用~チェア編ビジョンピークス ローチェア

チェアは好きな物なら何でもいい。

別にBBQとかで使ってるいつものチェアで
全然いいんです。ただ、キャンプっぽいのが
が欲しいならローチェアがおすすめ!

ニトリの木製チェアなんかも
値段もお手頃で人気も高いですね。

木製ローチェア ガーデンチェア ニトリ(ネイビー) 【玄関先迄納品】 〔合計金額7560円以上送料無料対象商品〕

 

焚き火を楽しむなら断然ロースタイルです!

テーブル

キャンプ費用~テーブルKingCamp~コンパクトテーブル

 

価格3000円
サイズ縦41×横56×高さ40cm
収納時縦56×横15×厚さ6cm

 

ブランドにこだわるなら別の話ですが
安いのでも十分に使えます( ゚Д゚)

このテーブルはKingCampという
Amazonで密かに人気を集めている
コスパの良い海外製のメーカーです。

今のところ問題なしのお気に入り!

キャンプの初期費用 テーブル編KingCamp~折り畳みテーブル

コンパクトに折りたためれるのが
GOODなポイントですね(-.-)

ランタン

ガソリンランタンとかに憧れる
と思いますが、最初はLEDで充分。

安いし、明るいし、メンテ不要やし。

これ二つあれば十分です(`・ω・´)b

焚き火台

キャンプ始める際の初期費用~焚き火台なぜか背景に写ってるのがユニフレーム

焚き火会のTHE定番アイテム。
ユニフレームはコスパがいいですが
値段が6千円なので最初に買うには
ちょっと高く感じる人もいると思います。

ただ、長く使える物なので余裕のある
かたはユニフレームをお勧めします。

Amazonの激安焚き火台をキャン友が
使ってますが、コンパクトに折りたためて
価格も安い。十分に使える代物です!!

ただし、ダッチオーブンとか重い物はNG。

寝袋

最近Amazonで、格安の寝袋をケッコー
見かけますがそれで全然いいと思います。

2万も3万もする寝袋を持ってる人は
旅人か登山者、玄人キャンパーさんだけ。

これでも充分暖かいはずですが
寒く感じる日は中に布団やタオルケット
を寝袋に入れ込むだけで快適に寝れます!!

マット

created by Rinker
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
¥380
(2019/08/25 16:56:47時点 Amazon調べ-詳細)

寝る際に気を付けなければいけないのが
地面からの冷気による、床冷えです。

この床冷えから守るマットは
銀マット最も安くコスパが良い。

少し値段が上がっても寝心地だけは
妥協できない!!って方は↓↓

僕はキャンプテンスタッグのマット
を使ってますが、これもお勧めです!!
定番アイテムって感じです(^^)/

created by Rinker
¥2,808
(2019/08/25 16:56:47時点 楽天市場調べ-詳細)

初期費用+楽しむ為の費用

あれば嬉しい便利な道具として

クッカー
バーナー
小さめのナイフ

これらがあるともっとキャンプっぽく
なるし楽しめれます(^^♪

やっていく内にこだわりや欲しいものが
出てくるはずなので、後から買い足し
ていくのがベストですね!!

こーゆのもお勧めです↓↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です