CAMP道具

【キャンプ道具】ダッチオーブンのすゝめ

雨が続く日が続く今日この頃。
朝通勤中に一匹のセミの声が聞こえ
お、夏きたな~なんか思ってた矢先
昼間には土砂降り。。

おれ様の季節やー!わははは!
ってな感じで朝はしゃいでいたセミは
昼の土砂降りで黙らされた事でしょう。

っとまあそんな感じで朝から妄想
していたCAMP-CHAMPこう吉です!

ほんとこんだけ雨降って焚き火欲を
抑えられていると次やるときは
家でも燃やしてしまいそうです。w

てなわけで今回の紹介アイテムは
『コールマン ダッチオーブン』
そんなコールマンのダッチオーブン
のおすすめポイントをまとめました!

コールマン ダッチオーブン

こいつのおかげで何度肌寒い夜を
温めてもらったことだろう。でゅふふ。

寒いときに焚き火しながら
ダッチオーブンで作ったシチューを
すするとそれはもう昇天する勢い。

シチューはもちろん、ローストビーフ
や燻製物も作れるらしい。

僕はまだまだベイビーちゃんなので
カレー、シチュー、鍋系位です。w

お勧めポイント① 保温力

このダッチオーブンみての通り
鋳鉄という素材でできています。

他の『ステンレス』などの素材より
蓄熱性が高く保温性がすごいんです!

他の素材だったら普通に鍋くらい
の事しかできない事でしょう。

それじゃあ面白くない。
全然面白くない。。。

これなら専用の燻製器が
なくても作れるんです!

そしてかったらまず皆作ってしまう
ローストビーフローストチキン

塩コショウ塗り込んでダッチオーブン
に一時間ブチ込むだけですからね(笑)

ダッチオーブンならではのやつですね。

お勧めポイント②シーズニング

ただこの鋳鉄製、使用前に元々
塗られているワックスを取り除く
『シーズニング』という作業を
行わなければなりません。。

あわせて読みたい
意外と簡単!?ニトスキのシーズニング方法と簡単料理を紹介!っこんちは! 洗い物・片付けが大嫌い。 面倒くさがりの大馬鹿野郎 CAMP-CHAMPこう吉です(^^)/ 以前に『ニト...

この『シーズニング』はどんな作業
かをザーッット説明すると、

洗う→油を塗る→乾かす→油をぬる
を何回か繰り返す作業の事。

使用時間30分くらいです(笑)

すうーーげぇぇめんどくさい!

でもコールマンのダッチオーブンは別。

『シーズニングフリー鋳鉄』という
このまどろっこしい作業をすでに
終えた商品が届きます。

それできるんなら他の商品も
やっとけよ。て感じですよね(笑)

ということで届いたら何の手入れ
もせずに使用することができます。

ちなみに僕は気になるんで
一回さっと洗って使いました(笑)

まとめ

ローストビーフやローストチキン
燻製物などを作らず普通に鍋が
できたらいいって人には無理して
買う必要はないかと思います。

ただキャンプや焚き火をする時に
ダッチオーブンがあると料理の
幅も広がるし、鍋してても
おいしく作れる感じがします。

はい個人的な感想です(笑)

只、鋳鉄製は意外とデリケートなので
手入れしなければいけないって
デメリットもありますけど。

焼肉だけはもう飽きた。とか
料理の幅を広げたい!って方は
すごいおすすめです(^^)/

以上、CAMP‐CHAMPの
こう吉からでした(^^)