CAMP道具

家でもキャンプでも、ニトリのスキレットはお値段以上だった!

っこんちは!

なるべく安くキャンプ道具を揃えようと
ケチケチする、極貧キャンパー
CAMP-CHAMPこう吉です(^^)/

いや~キャンプ道具って色々あって
見てると、どれもこれも欲しく
なってきますよね。。

でも、あれもこれも買ってると
みるみるお財布が悲鳴を
上げるはめに(笑)

抑えれるところは抑えとかないと。

てっことでニトリでスキレットを
購入してきたので、ホントに
お値段以上なのかレビューしてみます!

ちなみに、
ロッジのスキレットも人気ですが
個人的にはニトリのが満足でした!

ニトリのスキレット略してニトスキ!

見た目はこんな感じ

うん。とくにこれといった
特徴はない。というかまったくない。

でもこの素材感がカッコイイ(笑)

特に専用の蓋といったものは
ないようですが、同じものを被せて
蓋として使う人もいるそう。

こんな感じで(笑)
意外とドンピシャ!っていう。

横のでっぱり?みたいなのに
合わすイメージでやるといいかも。

別に蓋専用ってしなくても
外せばそれで料理できますしね!

荷物が少なく済むってやつです!

コスパ最高説

ニトスキ(19センチ)は一個
700円ちょっとという

安すぎだろ!ってかんじで
二つ衝動買いをしたこう吉です(笑)

手持ちの部分も熱くなるので
別にカバーも購入しました。

ロッジのスキレットなら同じ
くらいの大きさで2000円を
少し上回るお値段でした。

そしてニトスキに比べて重い(笑)

素材が良いって事でしょうけど
僕には少し重たく感じました。
(ロッジ派の方はすいません。汗)

なので女性は特にニトスキを
おすすめします!ぼくは。。

ですがニトリのスキレットは使用前に
シーズニングといった手入れが
必要な為、注意が必要です!

※簡単に言うと錆止めの為に
油を馴染ます手入れのこと。

ロッジはすでにこの作業
が済んでいるため、シーズニング
なしで使用できます。

なのでニトリのスキレットは
安い+軽いが丈夫=お値段以上!

ただシーズニングが必要なので
そこは気を付けてください!

こんな料理を作ってみた!

どーーしてもこれは作って
みたかった。それは

ジブリ飯(笑)

簡単だし見た目もいいし旨い。

料理経験なしのぼくでも簡単に
作れちゃいます。焼くだけなので(笑)

後は買ってきた北九州名物、鉄鍋餃子!
を焼いて隣にチャーハン。

 

スキレット定番メニューの
アヒージョ。オリーブオイルにつけて

二つあればローストビーフ
なども作れるみたいです!

スキレットのデメリット

僕は満足だったのでおすすめ
レビューしましたが、しっかり
デメリットもあるのでご注意を。

・使用後は手入れが必要 
・ニトスキは購入後の使用前に
 シーズニングが必要
・基本的に洗剤は使わない

手入れが必要となってくるので
面倒だな~って方はおすすめしません。

ただ、スキレットがあると
料理のバラエティも増えるし
外で食べるとおいしく
感じるのでおすすめです!

 

以上!CAMP-CHAMP
こう吉からでした(^^)/